樹脂やプラスチックの種類について

ふたつのプラスチックの種類について

みなさんは普段、特別なことをするわけでもなくただ生活をしているだけでもさまざまなプラスチック製品に触れて、そしてそれを使用していると思います。
改めて考えると気になるものですが、プラスチックって一体何なのでしょう。
プラスチックというものについて見ていきましょう。

 

気になるプラスチックの定義ですが、これは“人工的に合成された高分子物質である”ということと“可塑性のあるもの”ということになっています。
実はプラスチックという言葉自体も“可塑性があるもの”というような意味のものです。
分かり易く言えば“どんな形にも成形できる素材”ということですね。

 

このプラスチックには大きく分けて2つの種類が存在します。
まずは“熱可塑性プラスチック”ですが、こちらは熱を加えることで溶けて冷やすと固まるという性質を持っています。

 

冷やしてカチコチに硬くしたあとでも、また熱を加えればふにゃふにゃとやわらかくなり溶けるというのが、性質の大きな特徴になります。
食べ物に例えるとこの性質はチョコレートなんかとよく似ていますよね。

 

スチロール樹脂、ポリエチレン、ポリプロピレン、メタクリル樹脂、といったものがこの熱可塑性プラスチックに分類されます。
この素材で作られるものはコップや密封容器などの家庭用品が多いので、私たちも日常的に触れているはずですし、特に意識もせずに使っているのです。

 

基本的に熱を加えてやわらかくする熱可塑性プラスチックははじめ、溶けやすいように小さな粒のような形をしていて、これをペレット状態と言います。
チョコレートを作る時に湯煎しやすいように砕いたりするのと一緒ですね。
溶けやすいように小さな形をしていることがほとんどです。

 

そして2つ目、もう1つのプラスチックの種類が“熱硬化性プラスチック”です。
このプラスチックは熱を加えると硬くなり、固まりきってしまえば後で熱を加えてもまたやわらかくなることはない、というのが特徴です。
こちらも食べ物に例えるとゆで卵やクッキーと同じような性質を持っていると言えます。

 

熱耐性が求められるもの、電気製品などに多く使われています。
他にはテーブルやボタンなど、やはり私たちの生活にとって身近なものが多いですね。

 

この2つの種類のプラスチックの中にまたいろいろな種類のものがあり、それぞれに異なった特徴があるものですが、大きく分けるとこの2つということになります。
大きなくくりとして覚えておくといいでしょう。